和菓子 三松堂 職人のひとり言「あんこつれづれ」

和菓子 三松堂 職人のひとり言「あんこつれづれ」 イメージ画像

更新情報

まだまだ寒い日が続きますが、当店では1月22日より「さくら餅」を販売しております。店の中には桜の葉の香りが広がり、「春がすぐそばまで来ているようね」とおっしゃるお客様も…当店の「さくら餅」は、4種類あります。ヘラでなければすくえないほど柔らかい自家製のこしあ
『春告 さくら餅』の画像

4月になり新しい年度になり気分も一新していよいよ始まりの季節です。桜のつぼみも膨らみ、花ももうすぐ咲き始めます。四季の中で一番好きな時期です。冬が終わって、暖かくなってきて花が咲くのを心待ちにしている今の時期が一番気持ちがウキウキします。和菓子を作っていて
『桜の季節』の画像

バレンタインも終わりチョコレートだらけだった街の売り場も落ち着きお菓子屋も日常の品揃えになったところでしょう。和菓子屋にはバレンタインは関係ないようですが最近は、和菓子でバレンタインも多くなってきました。当店でも、バレンタインから苺わらび餅を販売いたしま
『和菓子でバレンタイン』の画像

わらび餅が始まり、工場の中も桜の葉と黄粉の香りとで充満していよいよ、春の和菓子が本番になってきました。わらび餅は今は、どこにでも売っている人気の和菓子です。このわらび餅、なんでわらび餅というか?お菓子屋ならわかっていますが一般のお客様は、意外にわからない
『わらび餅』の画像

節分も終わり、雛祭りに向けて各お菓子屋では準備が始まってきいることでしょう。2月は当店でも桜餅、わらび餅が始まりお菓子も賑やかになってきます。桜餅も今年は、新しく秋田産枝豆のあんを使ったものを節分から始めました。餡がなくなれば、終了する限定品です。来週から
『季節感を大事に』の画像

↑このページのトップヘ